噴射ポンプを修理するために、浜松ヂーゼルに持ち込みました。
このポンプはND製日本デンソーです。
新品の価格を品番から調べてもらうと、新品のASSYで4.6万程度です。

P5190756

この価格なら、直すより換えた方がと思い頼もうとすると、ボルボとの契約で売れないと言われてしまいました。
ボルボからだと20.4万です。やはり部品が高すぎです。
仕方がないので、修理を依頼すると・・・・・・・・
農機具や自動車用のテスト台は大きくて、小型のマリン用は取り付けられず、
日本デンソーの静岡支店から台を借りてもらいテストすることになりました。
届いて見ると、これまた、サイズ違いで使えません。
販売メーカーがテスト台を持っていないなんて考えられませんでしたが、お手上げです。

結局、ボルボの代理店経由で高額な修理を出すのが一般的のようです。
ボルボエンジンの良し悪し以前に部品代が高すぎて、エンジンの維持の面から庶民向けでは無いようです。

悩んでいろいろと電話し蒲郡の修理屋さんの紹介で、名古屋のポンプ屋に問い合わせしました。
修理は可能で着手前に、修理見積もりをくれるとのことで、依頼することとなりました。

本来は、噴射ポンプは一生物で壊れるものではないのですか、
水でも入ったりだろうか?

どこかに、ヤンマーの3GM-30は無いですかね、やっぱりヤンマーが欲しいです。
ボルボの回転方法は左、ヤンマーのGMシリーズは右、YAは左、統一されていません。
したがって、プロペラやブラケットも交換しないと付かないことになります。
こちらも高額です。

少し前の外車を維持する感覚とよく似ています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本ブログ村のブログランキングに参加中です!!  

一日に一度、クリックして頂くと励みになります。
応援のワンクリックお願いします!!  

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

にほんブログ村